Balmain X Opéra de Paris

2017年6月

続ける

BALMAIN X OPERA DE PARIS

『Renaissance』はセバスチャン・ベルトーが振り付けを担当したパリ・オペラ座のバレエ作品。フランス ダンスのエレガンス、豪華さ、高い技術を讃えます。

パリを代表するBalmainとパリ・オペラ座の歴史的なコラボレーションを讃えて、ジェームス・ボルトがベルトーのバレエ『Renaissance』のステップ シークエンスを演じるエトワールとプルミエ ダンサーのグループを撮影しました。
オペラ座の荘厳なインテリアと、メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲第2番の魅惑的なメロディをサウンドトラックに、フィルムはバレエのように、Balmainのアーティスティック ディレクター、オリヴィエ・ルスタンがデザインしたコスチュームの美しさを強調します。

オリヴィエ・ルスタンのクリエイションは、彼がメゾンに吹き込んだモダンなスタイルとアトリエの高名なサヴォワールフェールを組み合わせます。身体の色調のコスチュームは見事にゴールドとシルバーに飾られ、パールとラインストーンはレオタード、タイツ、ドレープのトップにも刺繍されています。スペンサージャケットにまで現れるディテール、ダンサーのフリンジをあしらったカーディガンとスカート。

『Renaissance』がその洗練を賞賛するフランス ダンスは、ルイ14世のヴェルサイユから現代のオペラ座に至るまでの歴史があります。ベルトーの願いは「現代のクラシックバレエ」を創造することであり、Balmainをパートナーに選ぶのは当然のことです。
「僕に言わせれば、オリヴィエは現在、伝統技術を尊重しながらも革新的であるアプローチを共有できる唯一の人物」と振付家は説明します。

「伝統技術を尊重しながら革新する。」

オリヴィエ・ルスタン

『Bertaud/Bouché/Paul/Valastro』と命名されたプログラムは、パリ・オペラ座という1世紀を経た名門の若き振付家を讃え、このプログラムの中で、バレエ『Renaissance』はオペラ座で2017年6月13日から18日に上演されました。

お使いのウェブブラウザのサポートは終了しています

快適にご利用いただくため、最新のブラウザをダウンロードしてご使用ください

一番最近届いた情報